Get Involved

主にSAP周りの話を不定期に綴ります

SAP Data Hub, developer edition ローカル環境構築

最近、SAP Blogsでも熱い投稿が多いSAP Data Intelligence。
SAP Data IntelligenceはCloud版のリリースが先行していましたが、先日、On-premise版のSAP Data Intelligence 3.0もリリースされました。

SAP Data Intelligenceを含めたSAPのIntelligent Applications and Servicesについて学びたい方は、以下のopenSAPコースの受講がオススメです。

SAP Data Intelligence for Enterprise AI | openSAP

このSAP Data IntelligenceはSAP Data Hubの後継製品です。
そのため操作感はSAP Data Hubとほぼ変わりません。
SAP Data Hubを試したい場合、developer editionとtrial editionの2つが用意されています。

  1. SAP Data Hub, developer edition
    developers.sap.com

  2. SAP Data Hub, trial edition
    developers.sap.com

上記1のdeveloper editionは、自分のPCにローカル環境を構築できます。
上記2のtrial editionは、SAP Cloud Appliance Libraryを使ってAWS, Azure, GCPインスタンスを作成できます。
構築手順はそれぞれ上記リンク先のMissionを参照してください。

developer editionの前提条件は以下の通りです。

  • at least 2 CPU cores (recommended 4 CPU cores) with X86_64 instruction set
  • at least 8 GB of RAM
  • at least 10 GB disk space for a running Docker container
  • Internet connectivity (temporarily while building the Docker image)
  • Docker installed and running (http://www.docker.com)

今回、私はdeveloper editionの環境を自分のPC上に構築しました。
所要時間は1時間程度でした。

f:id:tiga1002:20200308220733p:plain
SAP Data Hub, developers edition環境でPipelineを作成した様子

SAP Data Intelligence on-premiseもdeveloper editionで触ってみたいところです。*1

*1:2020/05/16追記: SAP Data Intelligence, trial edition 3.0がリリースされました。 https://blogs.sap.com/2020/05/15/sap-data-intelligence-trial-edition-3.0/