Get Involved

主にSAP周りの話を不定期に綴ります

SAP TechEd 2019 フリーチケット獲得プログラム [CLOSED]

※応募締切済
SAP TechEd 2019のフリーチケット獲得プログラムが始まりました。
旅費は別途必要ですが、参加チケットを入手するチャンスです。
応募方法は以下の2通りあります。
詳細は公式ルールを参照してください。

1. スカラーシップチケットに応募 ※応募締切済

続きを読む

Qualtricsアンケートを使ってみた

経緯

3月9日(土)、chillSAPデザインシンキングワークショップに参加しました。
ワークショップに関しては以下のブログを参照。

SAPゆるゆるコミュニティ「chillSAP」の第1回オフ会 デザインシンキングワークショップを開催しました - SAPのすみっこ

chillSAPデザインシンキングワークショップをやってみた|Mino|note

コラム一覧|SAPディベロッパーコミュニティのイベント・技術情報 - TECH PLAY[テックプレイ]

このワークショップ準備の際、

  • ワークショップ後にアンケートを取りたい
  • 折角なので最近SAP社が買収を完了した"Qualtrics"を使ってみよう
続きを読む

Recast.AIからSAP Conversational AIへのドメイン名移行(Slack)

以前にアナウンスされていた通り、"Recast.AI"が"SAP Conversational AI"へ正式改称されました。

cai.tools.sap

正式改称に伴い、ドメイン名も以下のように変更されました。

ドメイン
変更前 recast.ai
変更後 cai.tools.sap

今後1年間は旧ドメイン名も維持されるようですが、既存のchatbotは1年以内に新ドメイン名へ移行する必要があります。

そこで今回は公式Blogの移行手順通りに、先日作成したchatbotを移行してみました。

続きを読む

Build your first bot with SAP Conversational AI (SAP Blogsより)

先日の「SAP Conversational AIで簡単なchatbotを作ってみた」はRecast.AIのBlogをベースにしています。

このRecast.AIのBlogと同様の記事がSAP Blogsに投稿されていました。(Recast.AIの改称に伴い、記事中の"Recast.AI"が"SAP Conversational AI"に変更されています)

SAP Blogsのレイアウトに慣れている方はこちらが見やすいかもしれません。

blogs.sap.com

f:id:tiga1002:20190108004530p:plain

SAP Conversational AIで簡単なchatbotを作ってみた

はじめに 

SAP Conversational AI」はSAP社が提供する対話型AIプラットフォームです。*1

特徴としては、

  • 業界トップクラスの自然言語処理能力 (NLP=Natural Language Processing)
  • 事前定義/公開済みbotの再利用による開発工数削減
  • クラウド上で完結したEnd-to-Endのbot構築プラットフォーム
  • 強力な多言語技術 (日本語 *2 にも対応!)

等が挙げられます。

このSAP Conversational AIを使った簡単なchatbotの作成方法がRecast.AIのBlogで紹介されています。

今回はそちらを参考に日本語対応の挨拶chatbotを作ってみた所感を綴ります。

尚、この記事はSAP Advent Calendar 2018 Day 17として書いています。

www.sapjp.com

*1:2018年12月現在は「Recast.AI」とも呼称されていますが、2019年1月に「SAP Conversational AI」へ正式に改称予定です

*2:日本語は現時点でStandard levelに対応 https://recast.ai/docs/concepts/language 

続きを読む